43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

2時間半で作り置きしたおかず。そして、2歳の娘の好き嫌いのこと。

昨日、おかずをあれこれ作り置きしました。
2時間半ほどかかったかな?
切っただけ、茹でただけ、なものも多いですが(笑)

f:id:hinata-kamiyama:20220414005830j:image

写真左上から、時計回りに

・塩茹でブロッコリー

・ヒジキマリネ(茹でたヒジキを、梅酢と菜種油に漬ける)

・糸コンニャクの青ノリ炒り煮
*レシピはこちら→ https://www.uminosei.com/ryouri/recipecard/1559/

・油揚げ(食べやすく切って冷凍)

・にんじん(千切りにして冷蔵。スープや炒め物に使う)

・にんじんの味噌漬け(茹でたにんじんを麦味噌に漬けた)

・レンコンの塩蒸し

・アップルポテト
(塩煮したリンゴと、塩蒸ししてつぶしたサツマイモを和えたもの。
砂糖を使っていないのに、ものすごく甘くて美味しい)

・塩蒸しサツマイモ

・甘酒ビスケット
(砂糖の代わりに、自家製甘酒を入れて焼く簡単ビスケット。レーズン入り)

f:id:hinata-kamiyama:20220414005842j:image

(↑右下のビスケットは、写真を撮る直前に、娘に食べられました。笑)

手際がよい方なら、このぐらいの作り置きは
もっと短時間でできることでしょう。

でも私はのんびりマイペースなので、どうしても
時間はかかってしまいます。
それはそれでいいや、と思っています。

我が家には電子レンジはないので、野菜を蒸す際は
セイロを使っています。

セイロは本当におすすめです。
野菜でも豚まんでも、何を蒸しても、レンジより間違いなく美味しいです。
冷やごはんもレンチンより、セイロで蒸したほうが
蒸気をふんわりまとった、炊き立てに近い美味しさになります。

なお、写真はありませんが、昨日の晩ごはんは↓こんな感じでした。

・蒸し野菜サラダ
(ブロッコリー、レンコン、ヒジキマリネ、サラダ玉ねぎ)
・焼いた厚揚げにニラソースをかけたもの
(ニラソース…しょうゆ+梅酢+ごま油に、きざみニラを入れたもの)
・切干大根のお味噌汁
・もちきびコーンごはん

我が家の2歳の娘、緑色の野菜は苦手で食べません。
でも、お味噌汁とコーンごはんはモリモリ食べました。

そういえば娘はほかにも、苦手な食べ物が結構あります。
じゃがいもも、お豆腐も食べません。麺類も進まないです。
小豆などの豆類も、あんまり好きじゃなさそうです。

とは言え、私は娘に、苦手なものを無理に食べさせようとは
思っていません。
子どもは、今の自分に必要な栄養は、本能で分かっているらしいです。
「ピーマンやほうれん草が苦手な子どもが多いのには、
ちゃんとした理由がある。
だから、苦手だという子どもには無理に食べさせなくてもいい」
という話を、以前聞いたことがあります。

それに苦手な食べ物でも、成長に伴って食べられるように
なることも多々あるはず。
私が子どもの頃嫌いだったナスが、今は大好きなように。

娘にはとにかく、楽しく美味しく食事してほしいです。
「これは体にいいから食べなさい」と押し付けるのではなく、
楽しく美味しく食べることが、心身の健康につながるから。

私は、そのサポートをこれからもしていきます。