43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

最近作ったお弁当やおかず、あれこれ

ここ数日で作った、お弁当やおかず。写真付きでご紹介します。

雑穀粉と玉ねぎで作る、牛丼風ごはん。

f:id:hinata-kamiyama:20220316094336j:image

このヒダヒダ感が牛肉っぽいですが、お肉じゃないんです。

甘辛タレ(タレも手作り。砂糖もみりんも使わないのに甘辛味)が
食欲をそそります。

普通の牛丼は、冷めるとお肉の脂が固まってしまうので
お弁当には向かないと思います。
でもこの牛丼風ごはんは植物性100%なので、冷めても美味しいです。

 

ふわふわすいとん汁と、雑穀入りごはん。

f:id:hinata-kamiyama:20220316094752j:image

雑穀粉と地粉(国産小麦粉)を混ぜて作った「すいとん」を、
野菜たっぷりの汁に入れて煮込みました。
汁は味噌ベース。身体がぽっかぽかになりました。

 

野菜だけの天丼。

f:id:hinata-kamiyama:20220316094755j:image

天ぷらの具は、玉ねぎと板麩、そしてブロッコリーです。
野菜だけでもボリュームたっぷりですが、板麩をプラスすることで
さらにボリュームが増します。男性にも満足してもらえること請け合いです。
タレは、上記の牛丼風ごはんを作ったときのものを使い回ししています。

 

板麩とブロッコリー炒めのお弁当。

f:id:hinata-kamiyama:20220316094749j:image

板麩とブロッコリー炒め、にんじんの葛煮、塩茹でスナップエンドウ
板麩は、生姜醤油で下味をつけています。ごはんがモリモリすすみます。

 

うな丼風ごはんのお弁当。

f:id:hinata-kamiyama:20220316094757j:image

「ヒエ」という雑穀を炊いて作った、うなぎもどきの生地。
それを板麩と海苔の上にのせて揚げ、甘辛タレをからめました。

言葉で説明しても、「なんじゃそりゃ?」という感じかもしれないですが
食べてみると、うなぎそっくりで美味しいです。
まさに、臭みのないうなぎ。

 

作り置きおかず、あれこれ。

f:id:hinata-kamiyama:20220316100027j:image

アマランサスのポテトサラダ
ひじきマリネと蒸しキャベツ
にんじんの葛煮
板麩とブロッコリー炒め
塩茹でスナップエンドウ
ニンジンサラダ
ほか、切ったり皮むきした状態の野菜、多数

今回ご紹介したお弁当に入っていたおかずも、ありますね。

最近、料理頑張ってるなー私、と思います。
いや、いつも割と頑張ってる方だと思いますが(笑)
ここ最近は、特に料理しています。

自分で作るごはんが美味しくて、あまり外食する気になれません。
それはそれでいいんですが、本当に疲れていて何もしたくないときは
ちょっと困るかもしれません。
「料理したくないけど、外食もしたくない…」みたいな。
だったら何を食べるんだ、となりますから(笑)

そういう時のために、自分のやる気のあるときを見計らって
せっせと作り置きをしています。
あと、野菜を切ってジップロックに入れておくだけでも
後がすっごく楽なんですよね。
包丁やまな板を出さなくても料理できると、
料理のハードルがものすごく下がりますから。

今日は、切っておいた野菜でベジカレーを作る予定です。
午前中のうちに作っておけば、午後はがっつり娘と遊べるかな。