43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

ひな祭りに作った、我が家のおやつ&ごはん

今日は、ひな祭り。

我が家の娘のために、ひな祭りっぽいごはんやおやつを作りたい、、と思いつつ
それほど「ひな祭り感」は出ませんでした。。

おやつに作ったのは、いちごのタルト。
娘のお昼寝中に急いで作ったので、いちごの盛り付けが雑です(笑)

f:id:hinata-kamiyama:20220304001916j:image

そして晩ごはんには、雑穀で作る、うな丼風ごはん。

f:id:hinata-kamiyama:20220304001919j:image

いちごタルトも、うな丼風ごはんも、いわゆるビーガンです。
動物性の食材も、砂糖も使わずに作ります。
どちらも、以前「つぶつぶ料理教室」で習いました。

ビーガン料理ですが、味気ない…ということは全くなく、
むしろボリューミーでとても美味しいです。
スイーツ好きな女性にも、がっつりメニュー大好きな男性にも
ウケると思います。

いちごタルトは、食べるのは明日に持ち越しになったので
冷蔵庫に入れてあります。
タルトをこよなく愛する夫と娘が、ペロリと平らげることでしょう(笑)

うな丼風ごはんは、うちの娘も大好きなメニューなので
今日も大喜びでパックパク食べていました。
美味しいもんね〜、これ。

我が家はビーガン率高めな食生活をしていますが、
ビーガンじゃない食事もそれなりにしています。
「いついかなる時もビーガン!外食時も絶対にビーガン!」
などとは、思ってはいません。

ただ、お肉は夫婦ともそれほど好きではないので、積極的には食べません。
そういえば私たち夫婦は、出会って12年経ちますが
焼肉屋さんやステーキ屋さんなどの、お肉メインの飲食店に
2人で行ったことは1度もないです。
たぶん、この先も行かないだろうな。

あ、吉牛は2、3回行ったことあるかも。

大阪に住んでいた頃、夫と吉本新喜劇を頻繁に観に行っていたんですが
なんばグランド花月に入る前に腹ごしらえしておきたくて、
千日前にある吉牛で、牛丼をかきこんだ記憶があります(笑)
しかし、吉牛もここ数年行ってないなぁ。

魚と卵は、夫も私も好きなので、ときどき食べます。
牛乳は基本的に飲みませんが(私はおそらく乳糖不耐症)、
たまに、ちゃんとしたメーカーで作られた飲むヨーグルト
カフェオレを楽しむことはあります。

2歳の娘には今のところ、砂糖は全く与えていません。
乳製品も与えていません。あえて与える必要性はないと思うからです。

3歳を過ぎたら、砂糖も乳製品も少しずつ解禁してもいいかな、とは
考えています。
その理由は、またいずれ書きたいと思います。

今日作ったタルトのように、砂糖も乳製品も使わない手作りおやつなら
娘にも安心して食べさせられます。
そんな私の思いを知ってか知らずか、娘はいつも、親の分まで平らげます(笑)

そうは言っても、おやつを作る余裕がない時も、もちろんあります。

そんなとき、私は娘にどんなおやつを食べさせているか?
次回は、そのお話を書きたいと思います。