43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

青森へ帰省中、つがる市の「高山稲荷神社」へ参拝しました

先週、家族3人で青森に帰省してきました。

親に孫を会わせるのが最大の目的でしたし、
2泊3日と短期間だったので
あまり観光はできなかったのですが、
どうしても行きたかった場所には行けました。

つがる市にある「高山稲荷神社」です。
日本海を臨む高台にあります。
https://rtrp.jp/articles/41962/

f:id:hinata-kamiyama:20211115110952j:image

帰省した初日の夜、ふと、この神社のことが頭に浮かび
「まだ行ったことないから、行ってみたい」
と思ったのです。

今回の帰省も、安定の雨女っぷりを発揮した私ですが(笑)
神社にお参りしている間は、ありがたいことに
雨がピタリとやんでくれました。

拝殿に向かう石段がけっこう急勾配で、滑りやすいので
雨だったら、1歳児を抱っこして上り下りするのは
少し難しかったかもしれません。

f:id:hinata-kamiyama:20211115111015j:image

そういえば、観光中に雨がやんだことって、以前もあったなぁ。
3年前、沖縄の宮古島に一人旅したときでした。

その日は1日中雨だったのですが、
私の大好きな前浜ビーチに行って
「お願いします、ここにいる間は雨がやみますように」
と祈ったら、その通りになったのです。
おかげで1時間ほどのんびり過ごせたのでした。
たまたまかもしれませんが。

高山稲荷神社は、「千本鳥居」が有名です。

f:id:hinata-kamiyama:20211115111114j:image
f:id:hinata-kamiyama:20211115111108j:image
f:id:hinata-kamiyama:20211115111111j:image
この日は鳥居の工事中で、一部だけ見られる状態でした。
でも、異空間に足を踏み入れたかのような感覚を存分に味わいました。

f:id:hinata-kamiyama:20211115111521j:image

冬は、千本鳥居の朱色と、雪の白色のコントラストが
とても素晴らしいそうです。

幾重にも連なる鳥居と、しんしんと降り積もる雪。
それを想像しただけで、あの痛いぐらいの冷たい空気を瞬時に思い出し
手足がかじかんだような錯覚を起こします。
いつかぜひとも、この目で見てみたいです。

そして、私はこうも思いました。
「『トリック』の舞台になりそうな場所だなぁ。
山田奈緒子が、この千本鳥居をバックに
『まるっとお見通しだ!』とか言ってそう…笑」

参拝の後は、お昼ごはんへ。
夫が行きたがっていた、メガ盛りで評判の食堂に向かいました。

この写真では伝わりづらいと思いますが、
かなり大盛りの味噌ラーメンです。
食堂では、一番人気のメニューなのだとか。

f:id:hinata-kamiyama:20211115112055j:image

夫はカツ丼を注文し、
「見た目以上に、腹いっぱいになる。。。」
と言いつつ、完食していました。
さすがに、晩ごはんはあまり入らなかったみたいです(笑)

娘には、半ライスを注文しました。
半ライスなのに、お通しの煮物などもついてくるという
なんともサービス精神が素晴らしい食堂なので、
煮物をおかずに食べさせることができて、助かりました。

青森帰省話、あと2回ぐらい?(テキトー。笑)続きます。