43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

病院に対して「ん?なんかおかしくない?」と思った出来事

私が、病院というものに対して
「ん?なんかおかしくない?」
と、初めてはっきりと違和感を覚えたのは
10年ぐらい前のことでした。

飛行機に乗った後、耳の痛みがしばらく続いたので
職場近くの耳鼻科に行ったのですが、
「お薬出しますね、飲み切っても症状が治らなかったら
また来てください」
と、4種類の薬が出たのです。

え、耳痛いだけなのに4種類!?
儲けようとしてるだけじゃない!?

さすがに、そう思ったのでした。

ちなみに耳の痛みは、薬を飲まなくても数日で治りました。

飛行機に乗って、耳が痛くなる症状は
「航空性中耳炎」と呼ばれるそうです。

もともと私は鼻炎もちで、
飛行機に乗ったとき風邪気味だったので
航空性中耳炎の症状が強く出てしまったのかもしれません。

当時の私は、今に比べて食生活もめちゃめちゃで
砂糖も乳製品もとりすぎでした。
そりゃ、鼻炎も強く出ちゃうって。

今も、天気が良くない日に飛行機に乗ると
耳が痛くなるときはありますが、昔ほどではないです。

まとめ。
10年前のあの時、耳鼻科に行く必要はなかったです(笑)

私は、片岡ジョージさんのマンガが好きで
いつも拝読しています。

*時事ネタ系4コマ漫画集「コロナは概念」
https://manga.line.me/indies/product/detail?id=7868

今朝もマンガを読んでいたら、
ふと10年前の耳鼻科のことを思い出したので
今日はネタにしてみました。

※言うまでもないことですが、
「どんなときも、病院に行く必要がない」とは、私は思っていません。
また、必要以上に薬を処方しない方針のお医者さんも
探せば必ずいます。