43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

保育園の玄関で、娘が初めて泣いた日

昨日は、娘の保育園(一時保育)の日でした。

一時保育をお願いするのは今回で4度目ですが、
保育園の玄関で娘が泣いたのは、昨日の朝が初めてでした。

先生に抱っこしてもらった娘が、私をまっすぐ見つめながら
不安げに「ふえーん」と泣く顔を見たら
可愛いすぎて、離れがたかった。。。

でも、心を鬼にして(?)ササッと園を後にしました。

先生いわく
「保育園に慣れてくるにしたがって、泣く子もいるんですよ。
でもほんの数分泣いて、すぐ遊び出す子が多いです」
とのこと。

昨日の都内は、12月下旬の気温。
朝から冷たい雨が降っていました。

保育園に娘をお願いした後は、西松屋に直行。
娘の冬物衣類を買い込んでから自宅へ戻り、
たまっている家事をやりました。

家に自分ひとりでいることに、違和感を覚えます。
聞こえてくるのは、iPadから流れてくるFMラジオと
洗濯機の音だけ。

そして、考えるのは娘のことばかり。

ごはん、いっぱい食べたかな。
今頃、お昼寝してるかな。
今日のおやつはなんだろな?
そういえば先週は、おやつおかわりした、って
先生が笑ってたっけ。
食いしん坊だなぁ、、、(そこは母に似た様子)

お迎えの時間になり、保育園を訪れたら
あと少しでおやつを食べ終えるところだった娘。

私の姿を確認したと同時に、イスを立ち上がり
首からエプロン(食べこぼしをキャッチするもの)をぶら下げたまま
一目散にこちらへ走ってきました。

その姿がまた可愛くて、親バカな母はジーン。。。
うぉーーーーー、会いたかったよーーーーー。
(わずか6時間ぶりの再会。笑)

先生によると、朝泣いた娘は、その後すぐに復活。
テンションアゲアゲになったらしく、
ずーっと何かおしゃべりしながら遊んでいたそうです。

雨の中のお散歩を楽しみ、お昼ごはんもしっかり食べ
おやつに至っては、ペロリと平らげたのちに
「もっと食べるーー!」と言わんばかりに騒いだのだとか。

(私が見た「あと少しで食べ終えそうなおやつ」は、お代わり分でした、、笑)

ほんと体力が漲っているんです、うちの子。
家でも元気100倍で遊ぶので、母はいつも白目むいております、、、

そんな娘も、帰宅後に授乳したら、コテっと寝ちゃいました。
今回は午睡もしなかったそうなので、遊び疲れたのでしょう。

ママから離れて、少し泣いちゃっても
いっぱい楽しく遊んで、頑張って過ごしていたんだなぁ。

保育園に行くたび、少しずつ確実に成長している娘の姿に
母は嬉しいやら、ちょっぴり寂しいやら。ついこの間まで、赤ちゃんだったのに。
寝顔を眺めていたら、少し泣けました。

やはり、子どもは子どもと触れ合うことで、成長していくのですね。
しみじみ感じます。

送迎の車中のBGMは、アンパンマンです。

f:id:hinata-kamiyama:20211024030809j:image