43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

「黙食」を初めて見かけました。なんだか複雑な気分…

今日の午前中、娘を連れて公園へ行きました。
いつもは、近所の小さめな公園で遊ぶのですが
今日は徒歩10分くらいの大きい公園へ行ってみました。

1時間ほど遊び、お昼なので帰ろうとしたところ
小学生の集団を見かけました。
校外学習かな?
子どもたちも先生たちも敷物に座り、お弁当を広げています。

初めは微笑ましく見ていた私ですが、
その光景に違和感を覚えました。

すぐ、その違和感の正体に気付きました。

子どもたちも先生も、ひとりずつ等間隔の距離を保ち
横並びにズラーッと座っています。
それぞれ、1人用の敷物を使っています。

そして皆が同じ方向を向き、
誰とも目を合わせず、声も出さずに食事しているのです。

1列20人×3行ぐらいの集団が、
みんな同じ方向を見て黙って食事している様子は
正直言って、異様に感じました。

あぁ、これがいわゆる「黙食」なのか…。
初めて見ました。

あんなに風通しのいい野外でも、
そうしないといけないのですね……。

外でみんなでごはんを食べるって、楽しいはずなのに
「黙食」というより、「孤食」になってしまっている気がして
なんとも切なく感じました。