43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

コンベクションオーブンを買い替えました。電子レンジを使わない生活も満喫中。

コンベクションオーブンを買い替えたので、
久しぶりに焼き菓子を作りました。

f:id:hinata-kamiyama:20211003220438j:image

甘酒ビスケットと、アップルパイ。

f:id:hinata-kamiyama:20211003220034j:image
どちらも、砂糖も乳製品も卵も使わないのに
生地はサクサク。
胸焼けしない、自然な甘さがとても美味しいです。

アップルパイには、自家製の甘酒バニラアイスを添えました。
最近、朝晩は肌寒くなってきましたが
アイス大好きな娘のために、作り置き冷凍してあります。
アイスももちろん、砂糖、乳製品、卵不使用です。

以前のコンベクションオーブンよりも、
熱の対流の加減が、いい感じかもしれません。
アップルパイの中のリンゴが、とろーり美味しく煮えました。

f:id:hinata-kamiyama:20211003220049j:image
(生のリンゴを、パイ生地に包んで焼くレシピです。
「つぶつぶ料理教室」で習えます)

以前使っていたコンベンションオーブンで
焼いたアップルパイは、
パイ生地の中のリンゴがもっと生っぽかったんです。
それはそれで美味しかったですが、私としては
今回のリンゴの煮え加減のほうが好きです。

これから、もっとどんどん使いこなして
新しいコンベクションオーブンと仲良くなります。
アップルパイも、今季もたくさん作ろうっと。
今回久々に作ったら、勘が鈍っているのを感じました。

ちなみに我が家には、オーブンレンジはありません。
10年ほど前に捨てたきり、買っていません。
食べ物を温めるときは、セイロか鍋を使っています。

「家に電子レンジがない」
と言うと、驚かれることもあるのですが
なければないで、全く困らないです。

レンチンより、セイロや鍋で温めたほうが
食材は断然美味しくなります。
ちょっと手間はかかりますが、やるだけの価値は絶対にあります。

オーブンレンジを処分してからの数年間、私は
お菓子作りをほとんどしていませんでした。
フライパンで、たまにパンケーキを焼く程度でした。

でも料理を習うようになってから、お菓子作りも再開し
「レンジはもう要らないけど、オーブン機能だけは欲しいな」
と思ったので、コンベンションオーブンを買ったのです。

「オーブントースターじゃダメなの?」
という方もいるかもしれませんが、オーブントースターは
お菓子作りにはあまり向いていないと思います。
オーブントースターの主な機能は、
食材の「表面」に焼き目をつけること、だからです。

食パンやお餅などをカリッと焼くのはバッチリですが、
しっかり焼いたほうがよい食材だと、中まで火が通る前に
焦げてしまったりします。
(アルミホイルをかぶせれば、うまくいく場合もありますが)

オーブントースターでクッキーなどのお菓子が焼けるレシピも
ネット上でたくさん公開されているので、
それを活用するのも、もちろん良いと思います。

でも、アップルパイやケーキなどの「厚み」があるお菓子は
オーブントースターで作るのは難しいので、
オーブンを使ったほうが良いでしょう。

「レンジは使わないから、オーブンレンジは買いたくない。
でも、本格的なお菓子を焼きたい、、、」
という方には、コンベクションオーブンがおすすめです。
お値段はピンキリですが、1万円を切る機種も結構あります。

ちなみに、今回我が家で買い替えたコンベンションオーブンは
ツインバードのノンフライオーブンです。
1万円以下で買いました。
(「ノンフライオーブン」という名前で売られていますが、
コンベクションオーブンです)