神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠&43歳で高齢出産しました~

果物は身体を冷やす食べ物です。食べすぎ注意。

「そろそろ、実家の父に電話しようかな、、、」
と思っていたら、父からメロンが届きました。

f:id:hinata-kamiyama:20210820145639j:image

青森産メロン、おいしくて大好きです。ありがとう。

しかし、、、
実は、うちの夫はメロンアレルギーなんです。
(マンゴーや桃もNG。口の中がかゆくなっちゃうのだとか)

以前、父にやんわりそれを伝えたのですが
どうやら忘れてるっぽいです。。笑

でも、もう言うことはせず
ありがたくいただくと決めました。
娘にも念のため、まだメロンは
食べさせないようにします。

と言うことで、メロンひとりじめーーー。
3玉なんぞ、余裕です。
カットして冷凍すれば、長く楽しめますし。

…とか言いつつ、昨日、調子こいて
メロンをカットしながらついつい食べすぎたら
たちまち体調がおかしくなりました。

身体はポカポカしているのに、なぜか寒いのです。
冷房も消しているのに。
しかも、急に身体がだるくなりました。

あ、これ、メロンの食べすぎで身体が冷えちゃったんだ。
すぐにわかりました。

なので今日は、身体を温める効果のある甘酒と一緒に
ほどほどの量を食べました。
そして全てのメロンをカットし、フリーザーバッグに入れて
冷凍しました。

冷凍したメロンは、食べたいときに適量を自然解凍して
甘酒と一緒に食べたり、甘酒と一緒にミキサーにかけて
シェイクにして飲もうと思います。

「果物は、お菓子より身体にいいだろうから
たくさん食べても大丈夫、、、」
そう思う人もいるかもしれませんが、実はそうでもないんです。
果物は、身体を冷やす食べ物なのです。

そのことが腑に落ちてからは、我が家では
果物をそのまま食べる機会は少なくなりました。
バナナも、自家製の甘酒&自然塩と一緒にシェイクして
飲むことが多いです。

今回は1年ぶりのメロンだったから、
わかっちゃいるのに、おいしくて少々ハメを外しちゃいました。。
気をつけよーっと。