神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠&43歳で高齢出産しました~

暑いときこそ、熱い食べ物を。味噌ラーメンを作って食べました。

昨日のお昼ごはん。
ベジ味噌ラーメンを作って食べました。

f:id:hinata-kamiyama:20210806192108j:image

以前、「つぶつぶ料理教室」で習ったレシピです。
暑いときこそ、熱いラーメン。
味噌をしっかりとって、夏バテ防止&免疫力アップ。

野菜と、家にいつも置いてある調味料だけで作ったとは
思えないぐらい、おいしいです。
言うまでもなく、化学調味料も使っていません。
野菜さえ切ってしまえば、パパッと作れます。

一歳半の我が娘は、
雑穀ごはんにラーメンスープをかけたものを
パクパク食べていました。

そういえば私、食を見直す前は
「味噌」という調味料そのものが
それほど好きではありませんでした。
お味噌汁はたまに作ればいいや、という感じでした。

でも、味噌がいかに身体に大事な食べ物かが
完全に腑に落ちてからは、
毎日、味噌をとるようにしています。

お味噌汁は基本的に、1日1杯。
お味噌汁を作らないときは、野菜の味噌炒めなどで
味噌をとります。

「今日は疲れた!絶対料理したくないんじゃ!」
というときは、おにぎりに味噌をつけたり
キュウリに味噌をたっぷりつけて、丸かじり。
凝った料理をしなくても、それで十分です。

味噌をとっていないと、落ち着かないです。
「み、味噌をくれ、、、」と、身体が味噌を欲しているのが
よく分かるようになりました(笑)

それから、昔は米味噌ばかり食べていましたが
今は麦味噌がメインです。
料理によっては、豆味噌を使うときもあります。

味噌をしっかりとるようになって、明らかに変わったのは
冷え性が治ったこと。
年中、いつも身体がポカポカしています。
以前は、冬はもう寒くて寒くて寒すぎて、
ストーブに背中がくっつきそうなほど接近していました。
(なぜか、背中がものすごく冷えていました)

暑い今の時期は、水分だけでなく、
塩分も意識してとる必要があります。
減塩より、適塩です。
自分が美味しく感じる程度の塩分をとれば良いのです。

というか、今はそもそも減塩とかやってる場合じゃないですよね。
熱中症になりかねませんから。

暑い時期こそ、適度に塩分がきいた食べ物をおいしく食べて、
元気に過ごしたいです。