神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠&43歳で高齢出産しました~

「お米のどうぶつつみき」と、一歳半健診の話

娘のオモチャに、積み木を買いました。

f:id:hinata-kamiyama:20210801060430j:image
国産のお米が材料に使われています。
そのためか、積み木からは、なーんとなく
お米の(炊いたごはんの)香りがするような。

この積み木は、だいぶ前から知っていました。
でも、いざアカチャンホンポに行って値段を見たら
「え、こんなにいいお値段なのね(驚)」

…ちょっと迷いましたが、初志貫徹で買いました。

娘がもうちょっと、小さいときに買えばよかったなぁ。
新生児から遊べるそうなので。
まぁいっか。3歳ぐらいまで楽しめるみたいだし。

娘、今のところは気に入って遊んでます。
こちらの写真のタワーは、娘作ではなく、母(私)作です(笑)

f:id:hinata-kamiyama:20210801060444j:image

一般的な1歳半健診では、積み木を子どもにやらせて
発達状態をチェックするそうです。

先日、区から届いた案内によると
健診の時間も長くて、2時間ぐらいかかるそうでした。

でも我が家は、かかりつけの豊受クリニックで
1歳半健診を受けたので
30分ぐらいであっさり終わりました。

たぶん、豊受クリニックなら
積み木のチェックとかもやらないだろうと
思っていたので、あらかじめ積み木の練習などは
しませんでした。

そして想像どおり、今回の娘の健診では
積み木チェックなどはまったくやりませんでした。

もちろん、しかるべき機関で発達の相談をしたほうが
よい場合もあるだろうし、
自然派のクリニックの方針が合わない、という人も
いると思います。
それはもう、人それぞれです。

ちなみに区の保健センターには、
「かかりつけの小児科で、すでに健診を受けたので
保健センターでの健診はキャンセルさせていただきます」
と、電話しました。
あっさり受付してくれました。

以前、区の健診をキャンセルしたときは
保健師さんから折り返し電話がかかってきて
いろいろ聞かれましたが、今回はそれもなさそうです。

電話が来ても全然問題ないし、
なんなら家に来ていただいて、
元気な娘の様子を診ていただくのもよいと思うので
むしろお待ちしていたんですが(笑)

保健師さん側がお忙しいからだけなのかもしれませんが、
もしかしたら、私たち夫婦のような考え方で育児している方が
増えてきているのかも?とも、思います。

私たち夫婦の育児に関する考え方は
また少しずつ、ブログで書いていきます。