神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠&43歳で高齢出産しました~

人生初のフラペチーノ。そして、「子育て」と「砂糖」に対する私の考え方

 

私、フラペチーノって
今まで1回も飲んだことがなかったんです。

甘い飲みもの自体、ほとんど飲まないし
そもそもスタバに行く習慣がないので
これまで行ったことのある回数自体が
両手で数えて足りるぐらいです。

(日本最南端&最西端のスタバには、以前行きました。
石垣空港にありますね✈️)

でも。
人生で1回ぐらい、フラペチーノ飲んでみても
ええじゃないか、と思いまして。
先日飲みました。
44歳にして、人生初のフラペチーノ。大げさ(笑)

f:id:hinata-kamiyama:20210727125638j:image

今、全国のスタバでやっている
「ご当地フラペチーノ」の東京バージョン。
コーヒーゼリーが入っていました。

うん!甘い!(当たり前)
1人で全部は飲みきれないので、
夫とシェアしました。
写真後ろに映る足は、娘を抱っこする夫です(笑)

私は現在も授乳中ですが、
「何がなんでも、カフェインは絶対とらない!」
とは決めていません。
薄ーくしたコーヒーを1日一杯程度、飲むときもあります。

妊娠していた時も、主治医の先生に確認したら
「妊娠中のカフェインは絶対ダメ、ってわけでは
ないんですよ。
もちろん取りすぎはいけないですけど、
1日でコーヒー1〜2杯程度なら、何も問題ないです」
とのことだったので、どうしてもコーヒーが恋しいときは
かなり薄めに淹れて飲んでいました。

ふだん、砂糖をほとんどとらない我が家は
たまにがっつり砂糖をとると
たちまち調子がおかしくなります。
眠くなったり、だるくなったり。
しまいに私は、ものすごくイライラして
夫に当たり散らすようになります。

夫は、
「これ全部飲んだら、ひなたは間違いなくキレるから
俺が半分飲む!」
と言ってました(笑)すまんね。。

1回飲めれば大満足なので、たぶんもう買わないかも。
ごちそうさまでした。

フラペチーノを飲む私たちを見て、
物欲しげな目をしていた娘(笑)
ごめんね。これはまだ、君にはちょいと早いのよ。

うちは現在、一歳半の娘には砂糖を与えていません。
3歳まで砂糖を控えると、虫歯ができにくくなるそうです。

3歳以降は、基本的には今と同じように
家のごはんやおやつを食べさせつつ、
娘の興味や意向もよく聴きながら
市販のおやつなども食べさせようと思っています。

もちろん、「フラペチーノ飲みたい」と言われたら
飲ませます。
我慢させるつもりは、毛頭ないです。
我慢させたら、子どもは親に隠れて飲もうとします。

味覚がしっかり整っていれば、
「自分の身体に必要な食べ物は何か」が
子ども本人でもわかるようになります。

また、たまにジャンクフードを食べても
要らないものを自分でちゃんと出せるようになります。

だから親は、心配しなくて大丈夫なのです。