神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠&43歳で高齢出産しました~

娘、1歳3か月で突発性発疹になりました(後編)

前回の記事の続きです。
blog.43mama.com

突発性発疹になったと思われる、1歳3か月の我が娘。

丸3日間出た高熱が引いてから、1~2日経った後
娘の全身に赤い発疹が現れました。
ブワーッ、と一気にです。

発疹が出るまでは、症状が高熱のみだったので
突発性発疹かも?」でしたが、
これで突発性発疹だということが確定となりました。

全身まんべんなく発疹が出ましたが、
娘の場合は特に、顔とおなかの発疹がすごかったように思います。
「顔にもこんなに発疹が出て…ちゃんと消えるのかな?」
と、少し心配になるぐらいでした。

しかし、発疹よりも大変だったのは
娘の不機嫌っぷりです。

突発性発疹は、別名「不機嫌病」だそうです。
ふだんからは想像もつかないほど、不機嫌になるのも
症状のひとつなのだとか。

ご多分に漏れず、我が娘も手がつけられないほどの
不機嫌状態になりました。
寝ている時間以外は「ぐずっているか、泣いているか」
と言っても、過言ではなかったです。

おむつ替えも、困難を極めました。
背中の発疹が不快なのか、よくわかりませんが
「仰向け断固拒否!」でした。
突発性発疹は痛みや痒みはあまりない、という説もあるようですが)

ふだん、家では布おむつをメインに使っていますが
発疹が出ている間は、布おむつを使える状況ではなかったので
パンツタイプの紙おむつに切り替えました。
仰向けにさせなくても、立ったままおむつをはかせられるので。

娘が発熱した日から、1週間ほど経過。
ふだんも、娘はあまり寝ないタイプの子なのですが
発疹が出ている間は、睡眠時間自体も短めになっていたので
夫や私はあまり眠れず、クラクラでした(笑)

「いつまで続くのかな?1週間ぐらいで治る、って聞いたけど。
しかし、いちばんしんどいのは娘だな。
がんばれ。ママもがんばるぞ」
そう思っていた矢先……

波が引いていくように、少しずつ発疹が消えていきました。
「こんなに出てたら、跡が残るのでは?」と、
気になっていた顔の発疹も、魔法のように消え
娘の不機嫌っぷりも落ち着いていきました。

そして、「完全に治った!」と判断できるまでは
娘が発熱してから10日弱ほどかかりました。

生まれて初めての高熱、そして発疹。
小さい身体で、本当によくがんばりました。
えらかったよ。
そして、私たちパパママも、よくがんばりました。
よい経験になりました。

娘は私に似て、身体は丈夫だと思います。
でもこれからも、熱を出すなどのデトックスをしながら
成長していくはず。
その都度、未熟な親である私たちはハラハラドキドキするでしょうが
冷静に対処していこうと思います。

娘が我が家に来てくれたおかげで、いろんなことを知れて
いろんなことを体験できています。
本当にありがたいです。