神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠&43歳で高齢出産しました~

天然酵母パンのお店、パン工房ふらんす。久しぶりに遊びに行きました。

先日、久しぶりにパン工房ふらんす(神奈川県大和市)に

夫と娘と出かけてきました。

娘が生まれてからは、初めての訪問です。


パン工房ふらんすは、ご家族で営業されている

天然酵母パンのお店です。

植物性100パーセントの無添加パンで、乳製品、卵は一切使っていません。

さらに、砂糖も不使用です。

 

店内には、おいしそうな十数種類のパンが並べられており

手書きの値札が添えられています。

f:id:hinata-kamiyama:20210330004110j:image

 

昔、私は家でパンを焼くことにハマった時期がありました。

当時愛用していたレシピ本のパンでは、ドライイーストと白砂糖を

使っていました。

「パン作りに、ドライイーストと砂糖は必須です。砂糖は身体に安全です」

レシピ本には、そう書かれていました。


…でも、砂糖は安全とは言えないです。

この間の出来事を思い出すと、ますますそう感じます。

⭐️そのときのブログ→ https://blog.43mama.com/entry/2021/03/28/234500


驚くべきことに、ふらんすのパンは

砂糖もドライイーストも使っていないのです。

それなのに、どのパンも、ふんわりもっちり。

かめばかむほど、素材の深い味わいが楽しめます。


数年前、こちらのパンのおいしさに惹かれた私は

神奈川県に住んでいた時は車で買いに行っていました。

都内に越した今は、隔月で定期便をお願いしています。


パンは、いつもまとめ買いしています。

無添加のパンは割とすぐ固くなるので、

すぐに食べない分は、カットして冷凍保存します。

食べるときはセイロで数分蒸してから、トースターで少し焼きます。

このひと手間が、焼きたてのおいしさを蘇らせてくれます。


昨年建て替えられたお店は、優しい自然風が通り抜ける

ますます心地よい空間に生まれ変わっていました。

f:id:hinata-kamiyama:20210330004156j:image

以前、ふらんすの店舗を建替する際

お店で募っていた基金(クラウドファンディングのようなもの)に

賛同した際、コーヒーチケットをいただきました。

今回はそのチケットを使い、コーヒーをいただくことにしました。

f:id:hinata-kamiyama:20210330004224j:image

私は授乳中なので味見だけしましたが、

酸味が少なくて飲みやすい、おいしいコーヒーでした。

添えられていたお菓子も、もちろんビーガン。

ほどよい甘さのパウンドケーキとクッキーでした。

f:id:hinata-kamiyama:20210330004241j:image


ふらんすのお母さんと、子育ての話をたくさんしました。

うちの娘が乳児健診でお世話になっている、

予防接種や牛乳を勧めない小児科医の先生の話も出てきて

「わー、シンクロ!」と、嬉しくなりました。


子連れなのに、すっかり長居して寛いでしまいました…。

 

もちろん今回も、パンをたくさん買って帰りました。

娘には、小麦粉の食べ物はまだほとんどあげていないので

米粉パンを買いました。

帰宅途中の車中から、パクパクもぐもぐしてました。

誰に似たんだ、この食いしん坊っぷり、、、え?私??(笑)

 

やっぱり、パン工房ふらんすのパンは美味しいです。

美味しいだけじゃなく、身体の細胞が喜ぶのが分かるんです。

近所にパン屋さんはたくさんあるけれど、

パン工房ふらんすより美味しいお店はないです。

f:id:hinata-kamiyama:20210330004332j:image


パンの定期便もいいけれど、お店に行くとすごーく癒されるので

また遊びに行きます。

娘のこともいっぱい可愛がってくださって、ありがとうございました。

 

⭐️パン工房ふらんす Facebookページ

https://www.facebook.com/pankouboufrance


(お店の写真を撮ったり、SNSやブログに載せることは

お店のマスターから許可をいただきました。)