神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠&43歳で高齢出産しました~

土付きネギの土を、1歳の娘が食べちゃった話

娘のお口の周りが、黒くなっていたので
なんだろう?と思ったら……

台所に置いてある、土付きネギの土を食べていました。
どっひゃー!
私が、ちょっと目を離したすきにやったようです。

でも、有機野菜なので大丈夫でしょ、と
吐き出させたりはしませんでした。
きっと、娘の体がミネラルを求めていたのでしょう(笑)

子どもが土を食べちゃった、という話は
子育てあるあるらしいです。
なんだかちょっと安心しました。

「子どもは本能で食べる」
という言葉を聞いたことがあります。

【子どもは、大人のように
「この食べ物は栄養がある」などとは考えていない。
今、自分の身体が求めているものを食べる】
という意味です。

土は、食べ物ではないですが(笑)
もしも娘が、本能で土を食べたのだとしたら
やっぱり子どもって天才だなぁ、と感心します。
大人は到底、かないません。

そして、子どもには無理になんでも
バランスよく食べさせよう、としなくても
大丈夫なんだ、とも思います。
子ども自身、今の自分の身体に必要なものを
チョイスして食べる力を持っているのだから。

離乳食も、一般的には「生後半年から」といわれていますが
無理に半年からスタートしなくても大丈夫。
うちの娘は、生後9~10か月ぐらいから食べ始めました。
生後半年の頃なんて、ごはんを口元に近づけても
プイッとそっぽを向かれていました。

子どもそれぞれ、個性があるのに
みんな横並びで同じことをやらせようとしたり、
平均値の中に入らないとおかしい、皆と同じじゃないとおかしい、
などと定義づけるなんて、それこそおかしいです。

私自身、子どもの頃に周りの子と同じようにできないことを
とことん悩み、苦しみました。
「私は何もできない」と、自分で自分を責め続けて
自分の存在価値を見失っていました。

娘には、自分の個性を大切にしてほしいです。
周りと違っていても大丈夫。

というか、むしろ違っていたほうがいい。
将来きっと、その違いが、唯一無二の武器になるから。

そして、娘がのびのび育っていくためには
私の心の在り方も重要になります。
親の私自身が、強くしなやかな心を育てていかなくちゃ。

……ネギの話からだいぶそれて、壮大な(?)話で着地しましたね(笑)