43歳で高齢出産&のんびり子育て中。神山ひなたブログ

~「食」と「心」を見直し、42歳で自然妊娠。ゆるーく楽しく自然派子育て中〜

旅行中、化学調味料や砂糖で乱れた味覚。帰宅後、徐々に戻します。

旅行中、外食が続くと
味覚がいつもと違う感じになります。
「口の中がずっと、ビリビリしているような感じ」です。

これは紛れもなく、化学調味料や添加物、砂糖の影響です。

私は普段、旅行先では「楽しむ」ことをメインにするので
家では食べないものも、どんどん食べます。

せっかく遠出しているのに、
やれ添加物だ、砂糖だ、とか言っていたら
楽しくないからです。
そこは、完全に割り切っています。

そして旅を終えて帰宅したら、普段の食生活モードに
カチッと切り替えます。
ごはん、お味噌汁、漬物メインの食事です。

そうすると私の場合、
旅行から帰ってきてから、約1週間前後で
味覚が元通りになります。

青森へ帰省してきて、約10日経ちましたが
やはり2、3日前から「味覚が元に戻ったな」という
実感があります。

普段、化学調味料や砂糖をあまりとらない方には
この感覚、きっとわかってもらえると思います。

今日の愛妻ベジ弁当。

f:id:hinata-kamiyama:20211122104436j:image
私が、どうしてもヒジキご飯が食べたかったので
作りました。
あとはゴボウの味噌漬け、高野豆腐と青菜炒め、板麩ベーコン。

全体的に茶色い、映えない、のっけ弁当ですが(笑)美味しいからオッケー。

夫のために作るお弁当ですが、基本的に
「何食べたい?」と、彼に聞くことはあまりないです。
私が食べたいものを作って、詰めます。

夫いわく、私が作るものならなんでも美味しいそうなので
自信を持って、毎日作っています。